So-net無料ブログ作成

プロの証券ディーラーが伝授!反発急騰のサインがわかる!銘柄情報がメールで届く!『ハイパー・リバウンド投資術』 [投資・株・FX]


プロディーラーが伝授!急落どきは儲けどき!
「ハイパー・リバウンド投資術」


個人の力には限界があります。

個人が一人で相場を動かそうとしても無理な相談です。

だとしたら、個人投資家のすべきことは大きな力に乗ることです。

自分の相場観ではこうだ、とか、過去の経験ではこうだった、では現在の混沌としたマーケットを乗り切ることは出来ないでしょう。

「柳の下のどじょう」ではありませんが、過去の成功事例が現在の状況においても通用するとは限りません。むしろ逆となる場合が多いでしょう。

経験への過信が大きな流れに逆らった目先感覚での売買となり、失敗につながる事が多いのです。

大きな力に乗るといっても、現象だけを見て乗るのでは駄目です。

・大口や機関投資家はこういった手法を使っている。
・プロはこういう場面ではこういったスタンスで売買している。

裏にある思惑がわかっていればこそ大きな力に乗ることもできるのです。

テクニカルというのは、実は裏にある大口投資家たちの思惑が表に出た現象に過ぎません。

プロである我々は、もちろん彼らの手法も心理も十分に把握しています。
だからこそ、大口ディーラーの動きに乗るかたちで売買が出来るのです。

もちろん、ディーラーとしての経験のない個人の投資家の方々に大口ディーラーの動きのすべてを理解してほしい、といっても無理な話です。

でも、大口の思惑を先読みしてゆけば必ずよい投資結果を得ることが出来るはずです。
大口のディーラーたちも、裏の大きな力を知ろうとする努力を重ねているのです。

難しいといわれるリバウンドも、その前に起きた急落の局面を精緻に分析し、そしてリバウンドとして手がける対象をテクニカルなリバウンドにのみ限定するならば、その投資手法は危険ではありません。

それどころか、非常にテクニカルな要素の強い、いわばわかり取り組みやすい投資対象であることに気づかれるはずです。

プロの投資家たちは、リバウンドを怖がるどことか、積極的にリバウンドに関与します。
個人投資家の方々も、リバウンドは難しいと敬遠するのではなく、プロの手法を参考にし、ディーラーたちの心理を読みながら、リバウンドを手がけてみてはいかがでしょうか。

一見非常に難しいリバウンドも、テクニカルを道具に用い、駆け引きに慣れ、利益が上がれば、皆さんの投資人生をさらに豊かに変えてくれることと思います。


さらに詳細はこちらからチェック!



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。